失った歯や毛髪を再生、成功率100% 

スポンサードリンク

東京理科大と大阪大の共同研究グループは、歯を再生したり、薄くなった毛髪の復活に道を開く新たな治療法の技術開発に成功した。
マウスによる実験では、正常な歯と同じ構造の歯を100%の確率で再生し、何度繰り返しても同じ結果を得られた。
毛の実験でも毛が発生し、伸びることを確認したという。
これまで歯の組織の断片をつくったり、歯の再生確率が20%程度の技術は開発されていたが、確実に再生できる技術は世界で初めてとしている。

研究グループリーダーの辻孝東京理科大助教授は、「歯の再生を人間で実際に行うにはまだ時間がかるが、毛髪の再生は5年以内にできそうだ」としている。
今後、医学系研究機関などと実用に向けた研究に入る計画で、歯や毛髪の再生のほか、肝臓や腎臓などの臓器に応用し、人工的に臓器をつくる再生医療への発展が期待されている。

研究には、東京理科大再生工学研究センターの辻助教授、友岡康弘教授、阪大院歯学研究科の斎藤正寛講師らが参加。
成果は、世界的な科学誌「ネイチャー」の専門誌「ネイチャーメソッズ」オンライン版に18日(米国時間)掲載された。
■以下ソースにて

http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200702190017a.nwc

<歯の再生>マウスで成功 神経も、入れ歯代替に期待
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070219-00000005-mai-soci

歯のもとになる組織(歯胚(しはい))から、神経や血管を含め歯をまるごと再生させることに、東京理科大と大阪大のチームが世界で初めて成功した。
マウス実験での成功率は80%と高く、将来的に入れ歯やインプラント(人工歯根)に代わる方法として期待される。
さらに、開発した技術は他の臓器や器官の再生医療にも応用できるという。
18日付の米科学誌「ネイチャーメソッズ」(電子版)に発表した。
臓器や器官の再生では、胚性幹細胞などを目的の細胞に分化させる課題と、分化した細胞を臓器に形作る課題がある。
研究チームはすべての臓器や器官は、上皮細胞と間葉細胞と呼ばれる2種類の細胞が反応しあって形成される点に注目。
歯をモデルに両細胞を使って、器官の基になる「器官原基」を生体外で組み上げる技術開発を進めた。
胎児マウスの歯胚から両細胞を採取。それぞれの細胞に分離したうえ、寒天状のコラーゲンの中に重ねるように入れ培養したところ、高さ0.25ミリの「歯の種」ができた。
これを拒絶反応を起こさない種類の大人のマウスの抜歯部に移植すると、約2カ月後には長さ4.4ミリに成長。
歯の内部には血管と神経があることを確認した。
抜歯部に移植を試みた22回中17回で歯が再生した。
一方、マウスの毛でも同様の方法で培養し、毛の再生にも成功した。
人での実施には、胎児からの歯胚入手という倫理上の課題や、別人からの移植に伴う拒絶反応の問題もある。
研究チームは、患者自身の口内や頭皮から、基になる細胞を探していくという。
辻孝・東京理科大助教授(再生医工学)は「臓器や器官が作られる仕組みを忠実に再現したことでうまくいったと思う。
肝臓や腎臓などの再生も試みたい」と話す。【田中泰義】


これはすごいですね!!
私は甘い物が大好きで歯が悪いので、はやく実用化されて欲しいですわ(´・ω・`)
こういう再生医療などの研究は、どんどん進められるように国もしっかりバックアップして欲しいものです。

▼いろんな日記が読めるよ♪▼

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事へのコメント
失礼いたします
Posted by エロ at 2008年01月26日 00:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34157217

この記事へのトラックバック

毛髪の再生医療に新技術、東京理科大と大阪大の共同研究で
Excerpt:  東京理科大学と大阪大学の共同研究グループが、薄くなった毛髪を再生させる治療法の技術開発に成功したようだ。今回の研究では、従来の技術より形態や機能がよく再現され、成功率が高いのが特徴で、マウス胎児から..
Weblog: 発毛育毛実践サイト〜髪をもう一度生やす〜
Tracked: 2007-02-20 01:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。