思い出に残る「週刊少年ジャンプ」の漫画ランキング

その人気、今も衰え知らず――一時代を築いた傑作漫画がズラリ

最盛期の1990年代には650万部を超える驚異的な売り上げを記録した人気漫画雑誌 『週刊少年ジャンプ』。1959年に史上初の週刊漫画雑誌として登場した『週刊少年サンデー』と『週刊少年マガジン』から遅れる事9年という後発の創刊(1968年)ながら、永井豪や 本宮ひろ志など、当時の新人作家を中心とした戦略が功を奏し、1973年には週刊漫画雑誌で 売り上げナンバーワンに輝きました。
 約40年という長い歴史の中で、これまでに掲載された思い出の作品を選ぶ「思い出に残る『週刊少年ジャンプ』の漫画ランキング」。
第1位になったのは、 鳥山明の《Dr.スランプ》(1980〜1984年)でした。ペンギン村に住む天才科学者・ 則巻千兵衛とメガネがトレードマークのロボット・ 則巻アラレを中心にストーリーが展開するギャグ漫画で、1981年にはフジテレビ系列でアニメ化されて人気が爆発。アラレのセリフである「んちゃ」「ほよよ」は、当時の子どもたちの間で流行語にもなりました。

 2位は 北条司の《キャッツ・アイ》(1981〜1984年)。美術品を専門にする美しい3姉妹の泥棒を題材にした作品で、彼女たちを追い続ける刑事とのラブコメ要素も盛り込まれていました。
こちらも《Dr.スランプ》同様にアニメ化され、 杏里が歌った主題歌『CAT'S EYE』が大ヒットしました。
ちなみに、1988年には早見優、MIE(現:未唯)、立花理佐主演のテレビ版が、 1997年には、藤原紀香、稲森いずみ、内田有紀主演の映画版が制作されています。

 3位につけた《北斗の拳》は1988年に連載が終了していますが、パチスロやパソコン向けタイピングソフトなど、現在も作品を冠した商品が大ヒットしており、その人気は衰え知らずです。
一世を風びした主人公 ケンシロウの「あたたたた」や「お前はもう死んでいる」などの名セリフは、一度聞いたら忘れられないほどのインパクトがありますね。
現在でも 『週刊コミックバンチ』では『蒼天の拳』や『銀の聖者 北斗の拳 トキ外伝』などのスピンオフ作品が掲載されているので、ファンの方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

このほかにも、掲載当時はマイナーなスポーツだったサッカーを子どもたちの人気スポーツにまで押し上げただけでなく、 アレッサンドロ・デルピエロをはじめとする世界の有名サッカー選手がサッカーを始めるきっかけにもなった《キャプテン翼》、バスケットブームを生み出した《SLAMDUNK》など、時代に大きな影響を与えた名作がずらりと顔をそろえた今回のランキング週刊少年漫画誌のトップを走り続ける同誌の歴史と底力を感じずにはいられませんね。

gooランキング
http://ranking.goo.ne.jp/ranking/026/jump_comics/

◆ランキング上位30作品

1  Dr.スランプ  鳥山明
2  キャッツ・アイ  北条司
3  北斗の拳  原作:武論尊、作画:原哲夫
4  DRAGON BALL  鳥山明
5  シティーハンター  北条司
6  キン肉マン  ゆでたまご
7  キャプテン翼  高橋陽一
8  ハイスクール!奇面組  新沢基栄
9  ど根性ガエル  吉沢やすみ
10  幽☆遊☆白書  冨樫義博
11  SLAM DUNK  井上雄彦
12  るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-  和月伸宏
13  きまぐれオレンジ☆ロード  まつもと泉
14  聖闘士星矢  車田正美
15  ハレンチ学園  永井豪
16  ジョジョの奇妙な冒険  荒木飛呂彦
17  魁!!男塾  宮下あきら
18  サーキットの狼  池沢さとし
19  ヒカルの碁  原作:ほったゆみ、漫画:小畑健
20  地獄先生ぬ〜べ〜 原作:真倉翔、作画:岡野剛
21  はだしのゲン 中沢啓治
22  ストップ!!ひばりくん! 江口寿史
23  侍ジャイアンツ 原作:梶原一騎、作画:井上コオ
24  まじかる☆タルるートくん 江川達也
25  電影少女 桂正和
26  ドーベルマン刑事 原作:武論尊、作画:平松伸二
27  ドラゴンクエスト ダイの大冒険 原作:三条陸、作画:稲田浩司
28  ジャングルの王者ターちゃん 徳弘正也
29  銀牙 -流れ星 銀- 高橋よしひろ
30  ウイングマン 桂正和

半分くらいは知ってるが知らないのもあるな〜(´・ω・`)
あれ?珍遊記がないわ・゜・(゜´Д`゜)・゜・

▼いろんな日記が読めるよ♪▼

ブログランキング・にほんブログ村へ

後藤真希さんの弟で元「EEJUMP」ユウキこと後藤祐樹容疑者をケーブル窃盗容疑で逮捕

建築工事現場からケーブルを盗んだとして、警視庁は20日までに、02年に解散した
人気歌手ユニット「EE JUMP」元メンバーの後藤祐樹容疑者(21)=東京都
江戸川区東瑞江2丁目=と同区の少年2人を窃盗などの疑いで逮捕した。
同庁は、後藤容疑者が窃盗グループの中心で、実行メンバーを入れ替えながら
工事現場を狙った盗みを重ねたとみて、余罪や盗品の売却先、ほかのメンバーの
割り出しを進める。

小松川署の調べでは、後藤容疑者らは7月15日未明、江戸川区江戸川2丁目の
都営住宅建築工事現場から、電気工事用ケーブル数十巻(約100万円相当)を
盗んだ疑い。ケーブルをトラックで運び出そうとしたが、目撃者の通報で警察官が
駆けつけたため、盗品を残し、逃走したという。
ほかに逮捕されたのは19歳の会社員と18歳の少年。後藤容疑者は20日朝、弁護士に
付き添われて同署に出頭し、逮捕された。容疑を認めているという。少年の一人は
調べに「後藤容疑者がその都度メンバーを決め、実行していた」と供述しているという。

後藤容疑者は「モーニング娘。」元メンバーの後藤真希さんの弟。00年、ユウキの
芸名でソニンとのユニット「EE JUMP」でデビューし、人気を集めた。
しかし、02年にトラブルを起こしたのをきっかけに芸能界を引退し、ユニットも解散した。

絵に描いた様な転落人生だな・・・
しかしまぁ〜引退後にこれだけ楽しませてくれるとはさすがだわ(´・ω・`)

NHKニュースより http://tv.be-to.com/jlab-live/s/79044.jpg
http://www3.nhk.or.jp/news/2007/10/20/20071020000065002.jpg

◆2007年 ハロプロニュース

・吉澤弟が交通事故死
・ハロコンで3階席からおっさん転落→重体
・加護喫煙&おっさんと温泉旅行→解雇
・突然の不透明な中国人加入発表
・ハロモニが7年の歴史に終止符 
 時間短縮&ネット局大幅減の降格リニューアル
・辻急病で舞台降板
 一転いきなり妊娠デキちゃった婚を発表
・矢口のmixi日記が発見される
 プライベートの本音や交流関係が次々と明かされる
・藤本リーダー就任直後に熱愛発覚→脱退
 さまざまなバラエティ番組でネタにされまくる
・飯田が妊娠デキちゃった婚
・紺野のハロプロ復帰が発表されるも
 露骨な引退商法から1年も経たない復帰に疑問の声
・ついにMステから本格的なハロプロ締め出し始まる
・夏のハロコンSSAでかつてないほどの大空席祭り
 Berryz工房単独コンサートを下回る動員
・10年記念隊がお台場で一般人から嘲笑され晒し者になる
・10年記念隊の2ndがオリコンでAKB48『僕の太陽』に大惨敗 10年記念隊 1.3万枚15位 AKB48 2.6万枚8位
・音楽ガッタス発売延期→フライング誤発売
・後藤が病気でツアーをリタイヤ、またもや妊娠?
・音ガッタスオリコンでPerfumeに大惨敗 
 *7位 *17,492 ポリリズム Perfume  
 10位 *11,903 鳴り始めた恋のBELL 音楽ガッタス
・元「モーニング娘。」の安倍なつみさん(26)が運転中に人身事故。
・石黒彩離婚騒動
・後藤真希の弟ケーブル窃盗容疑で逮捕 

▼いろんな日記が読めるよ♪▼

ブログランキング・にほんブログ村へ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。